読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

御徒町のヴェジハーブサーガは完全菜食インドカレーで味も辛さも本場そのまま

f:id:spicecurryevent:20141125125058j:plain
今日もインド人風コスプレでブログを書くカレーパフォーマー加藤です。

先日、友人から「カレーの美味しいお店、今度連れて行って」というお声がけをいただいたので、御徒町でアーンドラキッチンと並ぶ名店である、ヴェジハーブサーガに一緒に行ってきました。

その結果、全く日本人に合わせていない、味も辛さも本場のベジタブルカレーを味わえたことで、友人も大満足していたので、みなさんにもご紹介しますね!
インドカレーマニアの間では有名なお店で、僕も大好きなお店なので、喜んでもらえて嬉しいです。

完全菜食インドカレーのヴェジハーブサーガはJR御徒町駅から徒歩3分

 

関連ランキング:インド料理 | 仲御徒町駅御徒町駅上野御徒町駅


ヴェジハーブサーガは、JR御徒町駅東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅から徒歩2~3分、都営大江戸線 上野御徒町駅から徒歩3分の場所にあります。

f:id:spicecurryevent:20160401084833j:plainJR御徒町駅の北口改札を出て、右手側に曲がって進むと、正面にドラッグストアが見えます。

f:id:spicecurryevent:20160401084929j:plain
ドラッグストアの正面に立ったら、右手側を向き、まっすぐ道なりに進んでいきます。

f:id:spicecurryevent:20160401085053j:plain
御徒町らーめん横丁」が(右斜め前方向に)見える交差点に差し掛かりましたら、左折します。

f:id:spicecurryevent:20160401085143j:plain
そのまま、まっすぐ道なりに進むと、ヴェジハーブサーガの看板が見えてきます。

f:id:spicecurryevent:20160401085210j:plain
こちらの看板が見えましたら、ヴェジハーブサーガに到着です。

f:id:spicecurryevent:20160401085316j:plain
ヴェジハーブサーガは、この看板がある建物の地下1階にあります。

f:id:spicecurryevent:20160401093202j:plain
こちらがメニューです。個別に注文しても満足できますが、たくさんのインドカレーがメニューにあって迷いやすいので、初心者の方はセットメニューを注文するのがオススメです。
カレーパフォーマー加藤と、一緒に行った友人は、南インドミールスのセットを注文しました。

f:id:spicecurryevent:20160401085353j:plain
ウェルカムスープのスイートコーンのスープと、パパド(豆の粉を練って伸ばした生地を、軽く直火であぶったり油で揚げた、インドの薄焼きおせんべい)。

f:id:spicecurryevent:20160401093342j:plain
岩塩やハーブ、スパイスが入っている「モール」というドリンクがセットでついてきます。全く甘くなくて、独特の風味で日本人の口には合いにくいかなと感じます。
カレーパフォーマー加藤と、一緒に行った友人は、どちらも口に合わず、ラッシーに代えていただきました。

f:id:spicecurryevent:20160401085412j:plain
こちらが、南インドミールスのセットです。本日の野菜カレーや、インドのサンバル(南インドのみで日常的に食べられている、豆と野菜のカレー)やラッサム(インドで日常的に飲まれているスープ)、ポリヤル(野菜のスパイス炒め)、ティファン(インドの軽食)のワダ、ヨーグルトにデザートまでついています。かなり豪華。

また、お米と一緒に食べる南インドカレーなのでバスマティライスがついていますが、インド人の主食であるチャパティorパロタorプーリもついてきます。カレーパフォーマー加藤はパロタにしました。

実際に食べてみると、ラッサムがめっちゃくちゃスパイシー!そして美味しい!ラッシーとヨーグルトで口の中を休ませながら、あっという間に食べ切ってしまいました。
本日の野菜カレーも、ポリヤル(野菜のスパイス炒め)も、さっぱりと食べやすく、新鮮なスパイスの風味と野菜の甘みが最大限に引き出されています。
ワダも、サクサクのふわふわで、かなり美味しいです!サンバルや野菜カレー、かなり辛めの赤いピクルス(写真右下)につけて食べました。

ベジタリアンとノンベジタリアンのインド人がいるのは、大きくは宗教の違いによるものと言われている


インド人にはベジタリアン(菜食主義者)とノンベジタリアンがいて、厳格に区別されています。参考資料によると、インド人全体におけるベジタリアンの割合は、60%程度です。

一般的に、 ベジタリアンヒンドゥー教徒ジャイナ教徒、ノンベジタリアンイスラム教徒とキリスト教徒とシーク教徒であることが多いとされています。
ちなみに、ヴェジハーブサーガの店主はジャイナ教徒だそうです。ジャイナ教は、厳格なベジタリアンで、掘り起こす際に小生物を殺すことがあるという理由から、根菜も食べません。

インドのレストランでは、ベジタリアン用とノンベジタリアン用が明確に分かれており(ベジタリアンがノンベジタリアンと同席して食事をすることを嫌うため)、すべての食品に「ベジタリアン向け」と「ノンベジタリアン向け」を表すマークを付けることが義務づけられています。

※参考資料
国土交通省 観光庁 多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル
Part4) 「国別・宗教別・嗜好別に見た外国人客の食文化・食習慣 <データベース編>
4-2 国・地域別に見た食文化・食習慣 インド
http://www.mlit.go.jp/common/000116966.pdf

 

完全菜食インドカレーは、ランチビュッフェ(土日祝日)がある船堀のゴヴィンダスもオススメ


東京のカレーマニアの間では有名な、ヴェジハーブサーガと双璧をなす完全菜食インドカレーのお店として、船堀のゴヴィンダスがあります。

土日祝日に開催されている、ランチビュッフェがかなりオススメですよ。

奥の深いインドカレーの世界を、もっともっと発信していきますよー!

広告を非表示にする