カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

インドやタイのスパイスカレーを100種類以上食べるなら武蔵小杉

f:id:spicecurryevent:20141125125058j:plain
今日もインド人風コスプレでブログを書くカレーパフォーマー加藤です。

今年10月から、武蔵小杉カレーフェスティバルが始まります。神田カレーグランプリや下北沢カレーフェスティバルに続く、東京の秋の大型カレーイベントの登場に、期待が高まります。
※2013年11月は、阿佐ヶ谷カレー計画も開催されましたが、参加者からの不満が爆発したため、再起はないと思われます。

武蔵小杉カレーフェスティバルでは、武蔵小杉・新丸子・向河原にある11店舗のカレー店を巡る「スタンプラリー」(10/14〜22)と、LIVEとビールも味わえる、周辺のカレー店7店が大集合の「カレーEXPO」(10/23)の両方が開催されます。

特に素晴らしいのが、スタンプラリーでは全店舗ハーフサイズのカレーを提供される点。下北沢カレーフェスティバルにはない強みです。
各店舗を食べ歩いてのスタンプラリーとなると、参加者は「たくさんのカレー屋に行きたいけど、1皿ずつ食べるとすぐお腹いっぱいになるなぁ」と感じてあまり食べ歩けなくなります。
お店的には、ハーフサイズの提供は客単価がさがって嬉しくないと思うので、来場者の気持ちを第一に考えたイベントになっていることが伝わります。

さらに、カレーEXPOでは、限定400食で、1皿で4種類のカレーが楽しめる、食べ比べセットが1000円で販売されます。これは、神田カレーグランプリにはない強みです。
神田カレーグランプリで、4種類のカレーを食べようと思うと、各店舗のテントで1皿700円前後のカレーを4種類買わねばならず、お財布に優しくないので、助かります。
(大人数でシェアすればいいのではと思うかもですが、人によっては、友人同士といえども、そういうことに抵抗があって気分を害する方もいるので)

僕は、武蔵小杉カレーフェスティバルが待ちきれないので、武蔵小杉カレーフェスティバルの発起人である、KOSUGI CURRYに行ってきました。

 

女性におすすめ!創作カレーが日替わりで100種類以上食べられるオシャレなKOSUGI CURRY

 

関連ランキング:カレーライス | 新丸子駅武蔵小杉駅向河原駅

 

f:id:spicecurryevent:20150923211207j:plain
KOSUGI CURRYの入り口。
カフェのような、おしゃれで温かみのあるお店です。

f:id:spicecurryevent:20150923211305j:plain
店内は靴を脱いであがるスタイルになっています。

f:id:spicecurryevent:20150923211335j:plain
店内には、歴代の週替わりカレーが、100種類以上並んでいます。圧巻!
インドカレーやタイカレーがベースなもの、日本のカレーっぽいものなど、どれも個性的で美味しそうです。

f:id:spicecurryevent:20150923211543j:plain
こちらがメニュー。テイクアウトやケータリングもやっているんですね。
アド街ック天国などにも取り上げられたようです。

f:id:spicecurryevent:20150923211446j:plain
こちらが、カレーのメニュー。せっかく来たので、トリプルがけをいただきます。

f:id:spicecurryevent:20150923211853j:plain
本日の週替わりカレーはこちら。

f:id:spicecurryevent:20150923211813j:plain
店内を見ると、創作カレー100種類突破記念の、カレー選抜総選挙の結果が。
AKB並みの激戦を勝ち抜いただけあって、どれも美味しそうです。

f:id:spicecurryevent:20150923211923j:plain
こちらが、トリプルカレー。看板メニューのオリジナルチキンカレーと、カレー屋さんのピリ辛タコライス、揚げナスとほうれん草とトマトのタイカレーです。

オリジナルチキンカレーは、スパイスの香りと玉ねぎのコクが、鶏肉にギュッと濃縮された、濃厚な旨みを感じるカレーです。
この感覚は、鎌倉のゴクラクカリー以来かも。

spicecurryevent.hatenablog.com


揚げナスとほうれん草とトマトのタイカレーも、ココナッツミルクのまろやかさと、ゴロっと入ったナスの旨さがたまりません。
タイカレーだと、青唐辛子がきいた辛いのもあったりしますが、KOSUGI CURRYのタイカレーは辛さも控えめで食べやすいです。

カレーのスパイスがきいた、カレー屋さんのピリ辛タコライスは、新感覚でした。
これぞ、KOSUGI CURRYだからこそ出会える創作カレーなんだなと感じます。

KOSUGI CURRY(コスギカレー) の公式HPはこちら。

yuko25ap.wix.com


KOSUGI CURRY(コスギカレー) の日替わりカレーは、ブログでチェック。

ameblo.jp

 

インドカレーもタイカレーもスープカレーも食べられる!武蔵小杉は知られざるカレー激戦区


ちなみに、武蔵小杉カレーフェスティバルのスタンプラリー参加店舗は、公式Facebookページによると、以下の通りです。

KOSUGI CURRY
コ・ピーピー 武蔵小杉店
JAGA武蔵小杉店・新丸子店
New Namaste Himal 向河原店
100時間カレーB&R 武蔵小杉店
新丸子カレー工房パルコ
MAYA RESTAURANT
魚や 一心
スープカレー syukur 武蔵小杉店
パンジャビ ダバ
マドラスミールス

2013年に「モヤモヤさまぁ~ず」で紹介された、タイカレーが味わえるコ・ピーピー 武蔵小杉店。
神田カレーグランプリ2014でグランプリに輝いた、100時間カレーB&Rの武蔵小杉店。
本格インドカレーとナンが味わえる、MAYA RESTAURANT やNew Namaste Himal 向河原店や新丸子カレー工房パルコ。
夜は居酒屋なのに、ランチはインドカレーの魚や 一心。 
武蔵小杉で唯一のスープカレー専門店である、スープカレー syukur(シュクル) 武蔵小杉店。

武蔵小杉で、インドカレーやタイカレー、スープカレーなど、こんなに幅広いジャンルのカレーを食べられるとは、驚きでした。
カレーパフォーマー加藤は、これから武蔵小杉のカレー店開拓をどんどん進めていきますので、またブログで紹介しますね。

twitterで毎日カレー情報発信中

広告を非表示にする