カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

もうやんカレーのつくり方と行列ができる秘密をついに突き止めた

f:id:spicecurryevent:20151128124105j:plain
今日もインド人風コスプレでブログを書くカレーパフォーマー加藤です。

先日、カレー食べ歩き仲間に誘われて、もうやんカレー辻社長の出版記念カレー鍋パーティーに参加してきました
もうやんカレーは、僕も大好きでよくいきますし、辻社長にぜひお会いしたいと思っていたので、お会いできて、かなり嬉しかったです。

パーティーに参加されたもうやんカレー常連の方々は、辻社長のことをニックネームの「もうやん」と呼んでおり、辻社長ととてもフレンドリーにお話しされていたのですが、僕は緊張しすぎて何から話したらいいのかもわからず、名刺をお渡しすることと、ブログで著書を紹介させてくださいとお伝えするのが精一杯でした。

www.moyan.jp

こちらが、辻社長が2015/10/30に出版された『行列ができるカレー店の秘密 ~「もうやんカレー」のつくり方~』


もうやんカレーの原点となる、スポーツ関連会社勤務時代に寮で発明された「カレーもどき」や、それが生まれるきっかけとなった、お父様が不健康な食生活の末に倒れてしまった一件と、伊豆大島の農業高校時代の体験。
現在のもうやんカレーや、そのオリジナルトッピングが生まれた基となる、欧風カレーの名店「ボンディ」や、フランス料理店「モンタニエ」での修業時代の話。
1997年11月10日に25歳で西新宿に、もうやんカレー1号店をオープンされて以来、徹底されている「お客様第一主義」を貫く姿勢やスタッフ育成についての話。
エクストラバージンオイルに24~28種類のスパイスをブレンドしたオリジナルスパイスと、コラーゲンたっぷりの上質な牛肉や豚肉、厳選した野菜&果物を使うなどの食材へのこだわりや、仕込みから完成まで2週間かける手間ひまかけた製造工程の裏話。

これらについて書かれたこの本を読み進めることで、もうやんカレーが生まれた背景や、もうやんカレーのつくり方、なぜ1000円のランチビュッフェやディナーに連日行列ができるのかがわかります。

f:id:spicecurryevent:20151128124625j:plain
もうやんカレー鍋パーティーの会場(もうやんカレーしんばし)に到着すると、カレー鍋の出汁がいい感じに煮えていました。

出汁は、通常のもうやんカレーとは違う、魚と鶏の濃厚な出汁で、オリーブオイルで熟成させたスパイスとハーブも効いていて、体がポカポカ温まりました。
伊豆の生桜海老の香ばしさとフレッシュトマトの甘みもたまりません。

 f:id:spicecurryevent:20151128124445j:plain
まずは、もうやんカレー鍋に、新鮮なネギとシイタケ、油揚げを入れます。
出汁が染みたシイタケや油揚げは絶品です。ネギも甘くて、パクパク平らげました。

f:id:spicecurryevent:20151128124502j:plain
続いて、パクチーと葉物。
カレー鍋にパクチーが合うとは思わなかった!

f:id:spicecurryevent:20151128124514j:plain
最後に投入する、ぷりっぷりの大きなエビ。
スーパーで僕が良く買うブラックタイガーの3倍くらいの大きさのエビを、1人2本もいただきました。

f:id:spicecurryevent:20151128124830j:plain
イイ感じに煮えてきて、そろそろ食べごろです。美味しそう!

f:id:spicecurryevent:20151128125130j:plain
シイタケや油揚げ、野菜を食べた後は、お待ちかねのエビを入れます。

f:id:spicecurryevent:20151128125146j:plain
よく煮えて、もうやんカレー鍋の出汁が染みた、ぷりっぷりのエビ。

f:id:spicecurryevent:20151128125221j:plain
食べ応え十分のエビを食べて、すっかりお腹いっぱい。
〆は、野菜やエビの旨みがしみ込んだ出汁にご飯を入れて、おじやにしていただきます。

www.moyan.jp

この、もうやんカレー鍋は、通常営業のときも食べることができます。
1人前で2500円、飲み放題とあわせて3980円です。

忘年会や新年会も、もうやんカレーがおすすめです。

spicecurryevent.hatenablog.com

もちろん、この記事で紹介しているランチビュッフェも、かなりオススメです。

広告を非表示にする