カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

飯田橋でアパ社長カレーを食べて竹書房(ポプテピピック)巡礼した

f:id:spicecurryevent:20141125125058j:plain
今日もインド人風コスプレでブログを書くカレーパフォーマー加藤です。

東京の飯田橋と言えば想いの木Curry & Spice Bar カリービトなどの名店がありますが、その飯田橋に、昨年11月1日、本格ビーフカレーが食べられるカレー屋さんがオープンしました。

その名も、アパ社長カレー 飯田橋駅南店。

アパ社長カレーは、アパホテル創業の地、石川県の金沢カレーをベースにした本格ビーフカレーです。レトルトカレーが販売されており、アパホテルフロントや直営レストラン、Yahoo!ショッピング等で購入することができます。

そのアパ社長カレーの専門店が、首都圏第1号店として誕生しました。それが、アパ社長カレー 飯田橋駅南店です。

2018年1月スタートの、カレーパフォーマー加藤も大好きなアニメ「ポプテピピック」の原作コミックの出版社、竹書房の巡礼を兼ねて、アパ社長カレーを食べてきたのでご紹介します。

 

JR飯田橋駅東口改札から500mくらいで竹書房へ。その途中にアパ社長カレーがあった

 

f:id:spicecurryevent:20180114194553j:plain
JR飯田橋駅東口改札にやってきました。

竹書房の看板がある柱を通り過ぎて歩道に出たら、右折してしばらく道なりに進みます。

そうすると、大通りの向かいに渡る横断歩道に差し掛かるので、横断歩道を渡ります。

f:id:spicecurryevent:20180120135740j:plain
しばらく道なりに進むと、アパホテルの看板が見えてきます。ここの1階にアパ社長カレー 飯田橋駅南店がありますが、一旦通り過ぎて、竹書房へ向かいます。

f:id:spicecurryevent:20180120140448j:plain
しばらく道なりに進むと、竹書房が見えてきました。

f:id:spicecurryevent:20180114195202j:plain
竹書房1階の窓に、ポプテピピックのポスターが貼ってあります。

放送開始月(製作のキングレコードの勘違いが原因で変更となった模様)の修正が、各ポスターごとに微妙に違っていて手書きっぽいですね。

まさか、竹書房の社員が手作業で1枚1枚修正されたのだろうか…。

さて、実物の竹書房を巡礼して満足したので、歩いてきた道を引き返して、アパ社長カレーを食べに行きます。

アパ社長カレーはカツがサクサク柔らかで食べ応え十分だしルーも本格ビーフカレーなのに830円でコスパ最高

関連ランキング:カレーライス | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅

 

f:id:spicecurryevent:20180120135707j:plain
アパ社長カレー 飯田橋駅南店やってきました。店内に入る前に、食券を買いましょう。

f:id:spicecurryevent:20180120135632j:plain
券売機の右上を見ると、お米の産地が書いてあります。

紙幣が一万円札、五千円札、二千円札、千円札がそれぞれ使える点が、地味にうれしいですね。この日は財布の中に一万円しかなかったので、とても助かりました。

全てのカレーが「○○社長カレー」というネーミングなのも、面白いなと思います。エビフライやラタトゥイユ、ハンバーグなどの社長カレーも魅力的ですが、正統派な金沢カレースタイルのロースカツ社長カレー(830円)を注文しました。

f:id:spicecurryevent:20180120141506j:plain
店内はカウンター席のみの計11席。各席には、アパ社長カレーの説明や金沢カレーの特徴が書いています。

また、ポイントカード(写真右下に写っている)ももらえます。社長カレー1食につき、スタンプが1つ。4つスタンプを集めると、追加トッピングを1品プレゼント。8つスタンプを集めると、アパ社長カレー1食プレゼントとなります。

ちなみに、金沢カレーの特徴はこちらの記事に詳しく書いています。ゴーゴーカレーなどの、他店の金沢カレーを取り上げていますので、こちらもあわせてご覧ください。

spicecurryevent.hatenablog.com

 

f:id:spicecurryevent:20180120135420j:plain
さて、ロースカツ社長カレーがやってきました。

f:id:spicecurryevent:20180120135556j:plain
各席に置いている、先割れスプーンでいただきます。スプーンにも、アパ社長カレーの文字が入っていますね。

さっそく食べてみると、カツは衣がサクサクで、肉も柔らか。ビーフカレーも濃厚でコクがあるのに飽きが来ないし、重くないので、パクパク食べられます。

f:id:spicecurryevent:20180120135453j:plain
次は、レトルトのアパ社長カレーも食べたいです。

アパホテル社長の徹底したブランディングに感銘を受ける


アパ社長カレーという店名もそうですが、店内のナプキン、先割れスプーンなどに「アパ社長カレー」という名前や社長の顔を模したロゴが入っていたり、店内にアパホテル社長のサインや著書が置いてあったりと、アパホテル社長の存在感がいたるところから感じられました。

ここまでブランディングを徹底されているカレー屋さんは、見たことがありませんし、素晴らしいなと感じました。

広告を非表示にする