カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

横浜関内で札幌スープカレーを食べるならラマイ(RAMAI)

スポンサーリンク

f:id:spicecurryevent:20190817140522j:plain

今日もインド人風コスプレでブログを書くカレーパフォーマー加藤です。

JR桜木町駅から程近い、野毛のアジアンスパイスマーケットでスパイスを購入したのち、足を延ばして関内駅までやってきました。

関内と言えば?………そう!カレーマニアならお馴染みのスープカレー屋さん「ラマイ(RAMAI)」です。

横浜・桜木町・関内エリアで、美味しいカレー屋さんを教えてくださいと聞かれたら、迷わずラマイ(RAMAI)と答えます。

ちなみに、ラマイ(RAMAI)ウェブサイトのコンセプトのページには「バリ島で生まれ、札幌で育った」と書かれています。どういうことか、気になりませんか?

ラマイ(RAMAI)横浜伊勢佐木モール店へのアクセス

JR関内駅から徒歩5分の伊勢佐木モールにある

関連ランキング:スープカレー | 関内駅伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅

JR関内駅に到着しましたら、北口を出て左側の案内標識を確認しましょう。

f:id:spicecurryevent:20190817141533j:plain

伊勢佐木モールへ行くためには、赤レンガ倉庫・関内ホール・馬車道の方面へ進みます。

道なりに進み、横断歩道を渡り、高架下を抜けると、伊勢佐木モールの入り口が見えてきます。

f:id:spicecurryevent:20190817141643j:plain

信号を渡り、伊勢佐木モールの中を進んでいきます。

f:id:spicecurryevent:20190817141711j:plain

伊勢佐木モールをしばらく直進していると、左手側に、サンクスとジョナサンが入ったビルが見えます。

(そのビルの向かい側には、BOOKOFF PLUS 横浜伊勢佐木モール店があります)

f:id:spicecurryevent:20190817141735j:plain

サンクスの裏手側に回ると、ラマイ(RAMAI)の看板があります。

f:id:spicecurryevent:20190817141800j:plain

ラマイ(RAMAI)の看板の奥にエレベーターがありますので、それで7階へあがります。

f:id:spicecurryevent:20190817141823j:plain

エレベーターを降りると、ラマイ(RAMAI)の入り口が目の前にあります。

f:id:spicecurryevent:20190817141849j:plain

「押してください」と書いているボタン(写真右側)を押して、店内へ入りましょう。

17:30ころに着いたため、並ばずに案内されました。

横浜関内ラマイ(RAMAI)のスープカレーメニュー

ラマイ(RAMAI)スープカレーの注文方法

f:id:spicecurryevent:20190817141914j:plain

ラマイ(RAMAI)のメニューがこちら。

今回は、チキン(トッピングなし、スープ大盛り、ご飯サイズM、3辛)にしました。

ちなみに、ラマイ(RAMAI)の注文方法は、以下の通りになります。

1.スープカレーの種類を選ぶ

2.トッピングを選ぶ

 ※注文後の追加注文は不可

3.スープの量を選ぶ

4.ご飯のサイズを選ぶ

5.辛さを選ぶ

 (無料と有料があります)

 ※3辛で一般的な中辛程度

個人的には、野菜のボリュームもあるので、スープ大盛りのご飯サイズMでは、成人男性でもお腹が苦しくなるかもしれないと感じます。

なお、ご飯のサイズの最大の単位は「キンタマーニ」。

声に出すには恥ずかしいですね。

ラマイ(RAMAI)自家製の「ラマッシー」

f:id:spicecurryevent:20190817141944j:plain

ラマイ(RAMAI)には自家製ラッシーの「ラマッシー」があります。

せっかくなのでラマッシーも一緒に注文しました。

ココナッツミルクが際立つ「ココラマイ」やレモンが加わったさわやか風味の「ラマレモン」もあるのでこちらも飲んでみたいですね。

f:id:spicecurryevent:20190817142008j:plain

ラマイ(RAMAI)には、ラマッシー以外にも、豊富なドリンクメニューがあります。

辛さ追加は卓上のカイエンペッパーで可能

f:id:spicecurryevent:20190817142035j:plain

辛さは、テーブルの上のカイエンペッパーで後からでも調節できます。

ラマイ(RAMAI)のスープカレーは大きなチキンや野菜がたくさん

f:id:spicecurryevent:20190817140557j:plain

さぁ、やってきました!

おまちかねの、ラマイ(RAMAI)のスープカレーです。

スプーンで触るだけでホロホロと崩れる、柔らかなチキン。

にんじん、なす、インゲン、うずらの卵、揚げかぼちゃ、揚げレンコン、アスパラ、キャベツ、ピーマン、くたくたに煮込まれた飴色たまねぎと色とりどりの野菜たち。

このゴロゴロした野菜のボリューム感が、これぞ、札幌スープカレーだなと感じます。

スープカレーを一口すすると……。

おぉ!チキンや野菜、フルーツの旨みやコク。アジアンでスパイシーな辛さ。たまりません。

ラマイ(RAMAI)のスープカレーは札幌発祥ではなくバリ島生まれ

会計の時に、お店の方に質問したところ、もともとラマイ(RAMAI)で提供しているスープカレーはインドネシアのカレーで、それを札幌にもってきたとのこと。

スパイスも、インドネシアのを使用しているので、インドネシアの方がラマイ(RAMAI)のスープカレーを食べると、「現地の味だ」とおっしゃるそうです。

下北沢や恵比寿にある、札幌から東京に進出したお店とは何かが違うと感じていましたが、これだったようです。

spicecurryevent.hatenablog.com

spicecurryevent.hatenablog.com

f:id:spicecurryevent:20190817140631j:plain

ライスは、インドネシアでポピュラーなナシクーニンで、数種類のスパイスをベースにココナッツ風味に仕上げているそうです。

f:id:spicecurryevent:20190817140722j:plain

ラマイ(RAMAI)自家製のラマッシーはジョッキサイズで提供されます。

濃厚でインドカレー店で飲むものより数段美味しいラッシーですよ。

ジョッキサイズで提供されるラッシーを見たのは、ラマイ(RAMAI)が初めてです。

ふぅ。ごちそうさまでした。

ラマイ(RAMAI)には、スープカレー以外にも、「スープ・サビ・プダス」があります。

日本でいうところの味噌汁で、とても興味がひかれます。

いつもスープカレーを食べますが、次回はスープ・サビ・プダスに挑戦します!

スープカレーラマイ(RAMAI)の店舗

ラマイ(RAMAI)は北海道(札幌市・旭川市・小樽市・千歳市・苫小牧市・函館市)、横浜大阪の3都市に店舗を展開しています。

東京には店舗はありません。

横浜伊勢佐木モール店の店舗情報

住所:神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-5 亀楽ビル7階

電話番号:045-308-8338

営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)

定休日:年中無休

座席数:54席

スポンサーリンク