カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

吉祥寺ピワンのスパイス香るチキンカレーは中央線沿線屈指の美味しさ

f:id:spicecurryevent:20151004101940j:plain
今日もインド人風コスプレでブログを書くカレーパフォーマー加藤です。

ある日、twitterを更新していたところ、とても美味しそうなカレーを見つけました。
「これはさっそく食べに行かなければ!」といてもたってもいられなくなり、ピワンがある東京都武蔵野市の吉祥寺へやってきました!ワクワク!!

 

 

「きょうの おカレー」 カジキマグロ ぜひ どうぞー。

横丁の小店 ピワンさん(@piwangcurry)が投稿した写真 -

 

 

ピワンは吉祥寺駅北口から徒歩3分のハーモニカ横丁にある、女性も気軽に来れる隠れ家


ピワンは、JR中央線京王井の頭線吉祥寺駅」北口から、徒歩で3分ほどの「吉祥寺北口駅前商店ハーモニカ横丁」内にあります。

関連ランキング:カレーライス | 吉祥寺駅井の頭公園駅

 

f:id:spicecurryevent:20160718140038j:plain
JR吉祥寺駅の北口改札を出て、地上に着いたら、バスロータリーを正面にして左手側(パルコ方面)に歩いていきます。
しばらくすると、上海焼き小籠包のお店が右手側に見えてきますので、その奥の路地に入ります。 

f:id:spicecurryevent:20160718140109j:plain
すると、右手側に、 ピアンがあります。
全部で5席しかないため、3名以上での来店はお断りだそうです。1人または2人で行くようにしましょう。
ちなみに、店内のお客様の半数程度は女性でした。女性1人でも、気軽に来店できるお店のようです。

カレーパフォーマー加藤が到着した際は、13:00ころでしたが、満席でした。
また、僕の後には、4~5名程度のお客様が並んでいらっしゃいました。

カレーがなくなり次第終了だそうなので、早めの来店したほうがよさそうです。
詳細は、ピアンのtwitterで随時ご確認ください。

f:id:spicecurryevent:20160718140144j:plain
営業時間とメニューです。
今日のカレーは、twitterか、ピアンのHPで発表されています。

f:id:spicecurryevent:20160718140211j:plain
全部で5席とお伝えしましたが、そのうち3席が座席で、2席は立席となります。
店内の写真撮影は禁止。カレーの注文時以外、店内ではほとんど会話が聞こえません。

そのためか、とても回転率がよいので、並んでいても、割とすぐに入店できます。

f:id:spicecurryevent:20160718140237j:plain
入店を待つお客様は、お店の左側面に貼っているこの看板の前に並びます。
ハーモニカ横丁の路面に、黄色い線がひかれていますので、その線の内側で待ちましょう。

並んでいる間に感じたのですが、日本一のカツカレーと名高い、リッチなカレーの店「アサノ」と似ているなと感じました。
アサノも、町田仲見世商店街の中にあって、カウンターのみ7席で、行列が途切れず、お客様が一切私語をせずに食べ終わる様子が、似ているように感じるんです。

ピアンやアサノのような、隠れ家的な場所にあるカレー屋さんを、今年はもっと開拓したいですね。

ピアンのチキンカレーはカスリメティとカルダモンのパンチが効いたサラサラカレー

 

f:id:spicecurryevent:20160718135939j:plain
こちらが、ピアンの2種盛りカレー。真ん中のピンクのは、食べた感じでは、キャベツのようでした。

左が、日替わりの「カジキマグロのココナッツミルクカレー」です。そのまま食べても、ココナッツのまろやかさやトマトの爽やかな酸味、玉ねぎの優しい甘さの組み合わせが絶妙で、美味しく食べやすいカレーなのですが、パクチーナンプラーをかけて食べると、旨みが倍増します。

右は、レギュラーメニューの「チキンカレー」。チキンが柔らかく、カスリメティ(カレーに浮いている、緑色の葉っぱ)とカルダモンの風味がガツンとくる、スパイス香るインドカレーです。

どちらもサラサラしているので、とても食べやすく、サッパリしているので胃もたれもしませんでした。

吉祥寺にお越しの際は、ぜひ食べに行ってみてください!


広告を非表示にする